犬種の特徴は、血統書発行団体の規定に沿った内容です。

毛色等はその種に認められた規定になります。
体高、体重などは基本的なサイズとして規定に近いほどスタンダードに近いと言えますが、
近年の平均的なサイズを表しているものではありません。

家庭で飼われている犬のサイズが規定より大きすぎる場合や、小さすぎる場合、
それが健康に大きく影響を与えるものではありません。

犬のサイズに関係なく、健康管理は飼われる方の日頃から愛情持って接することで、
体調の変化などに素早く気づき、対応していただくことが何よりも重要です。

「最新犬種スタンダード図鑑」より

ボーダーコリーの外観

均整のとれた、なめらかなアウトライン

しっかりした体躯構成は耐久力のある印象を与え、粗野なもの、やせているものは好ましくない

ボーダーコリーの特徴と性格

粘り強く、重労働に耐えうる牧羊犬

鋭敏で注意深く、責任感があり聡明そして従順

神経質でも攻撃的でもない

ボーダーコリーの頭部

スカルはかなり広く、オクシパットの突起は目立たない

頬はふくらんでおらず、丸くもない

マズルは鼻に向かって先細りになり、適度に短く、頑丈

スカルとマズルはほぼ長さがひとしく、ストップははっきりしている

鼻色はブラックが基本だが、毛色がブラウンかチョコレートの場合はブラウン

ブルーの場合はスレートでもよい

目は広く離れてついており、オーバル(卵形)で、

目色は通常ブラウンだが毛色がマールの場合は両目や片目、目の一部がブルーでもよい

耳も広く離れてついており、直立か半直立で、敏感に反応する

歯の咬み合わせはシザーズ・バイトで、力強い

ボーダーコリーの首

適度な長さで、強靭、筋肉質

わずかにアーチを描き、肩に向かって幅広になる

ボーダーコリーの胴体

筋骨たくましく、助骨はよく張っており、胸は適度に広く、胸底が深い

腰は深く、筋肉が発達しており、下腹部で巻き上がってはいない

体長は体高よりやや長い

ボーダーコリーの尾

つけ根の位置が低く、適度に長くて先端は飛節まで達し、飾り毛が多い

先端に近付くにつれ上向きに巻き、興奮しているときには尾が上がっていてもよいが背上に掲げてはならない

ボーダーコリーの四肢

前肢は、前脚が前から見て2本が平行しており、パスターンは横から見てわずかに傾斜している

骨は頑丈だが重い感じは与えない

肩甲骨はよく傾斜しており、肘は胴体に接している

後肢は幅広く、筋肉質で、横から見ると尾のつけ根までなだらかに傾斜している

大腿、下腿は長く、厚く、筋肉質で、スタイフルはよい角度に曲がっており、飛節の位置は低く、力強い

リア・パスターンは後ろから見て平行で、骨量十分である

足は卵形で、パッドは厚く、丈夫

前・後肢ともに指趾は堅く握っており、爪は短く丈夫である

ボーダーコリーの歩様

スムーズで疲れ知らず

最小限しか足を持ち上げずに忍び足で速く動くという、驚くべき能力を持っている

ボーダーコリーの被毛と毛色

長毛とスムースの2タイプがあり、どちらも上毛は密で手ざわりがなめらか、

下毛は柔らかく密だが、長毛タイプはメイン、ブリーチング、尾の被毛が豊富で、顔部、耳、前脚(飾り毛は除く)、

後肢の飛節から地面に達する部分は短くスムースである

毛色はさまざまな色が認められているが、ホワイトの部分のほうが多いのは好ましくない

ボーダーコリーの原産地

イギリス

ボーダーコリーのサイズ

体高 牡53センチ 牝53センチよりわずかに低いのが理想

パピートレーニング 飼育グッズの準備
子犬の食事 お散歩デビュー

ほしいワンちゃんがいたときや、子犬の事でのご質問など・・・

ご不明点やお気づきの点がありましたら、お電話、メールでお気軽にお問い合わせください。

お電話 10:00~19:00 メール、お問い合わせフォームからは24時間いつでもokです

TEL:080-5685-1858

MAIL:info@dogfield.net

 

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ボーダーコリーの特徴
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Share on FriendFeed

犬種別子犬検索





















ブリーダー様へ

その他のオプション