子犬が家にやってきてしばらくは以前食べていたものと同じものを用意しましょう 回数や分量も変えないようにします

子犬が新しい家に慣れてきてドッグフードを変えてもいいなと思ったら 今まで食べていたフードに新しいフードを少しずつ混ぜながら与えて慣らしていきます

1日ごとに新しいフードの量を増やし下痢、嘔吐などがないか確認しましょう 10日~2週間様子を見て問題がなければ新しいものに切り替えても大丈夫です

子犬期の食事は、栄養価が高くカロリーは成犬の2倍を必要とします 生後4~5ヶ月までは消化吸収しやすいように、食事の回数を1日3~4回にわけましょう

子犬用ドライフードをぬるま湯か犬用ミルクでふやかしてから与えます

乳歯から永久歯に変わる時期には硬いものを食べさせて歯の生え変わりを促すことも必要なので 1日に一度は硬いままのフードを与えるとよいでしょう

乳歯から永久歯に生え変わるのは、だいたい生後4~6ヶ月の頃です

 

体格や運動量などで適量がかわります 体重からの基本量を目安にしながら適量をみつけましょう

1日の摂取

カロリー

目安

(成犬)

体重 カロリー
1 110
2 185
3 259
4 315
5 370
6 426

※成犬の目安なのでシニア犬は0.7~0.8倍の計算です

※フードパッケージの裏に何gかの表示もあるので参考にしましょう

※1日の総カロリーはフード+おやつのカロリー量です

※犬はあげた分食べてしまいます

 

 

毎回きちんと量ってあげるようにしましょう

※写真のような食べ放題には

 

 

絶対にしてはいけません(汗)

●ご飯の時間は決めない

同じ時間にあげていると習慣になって催促されたりします

●要求されてもあげない

催促されたら無視して静かな時にあげます

●犬は家族が食べた後

食事の順番は順位を確かめる重要な要素です

犬の前で何か食べてからあげるようにしましょう

●いろいろな方法で与える

食器からだけでなく、手からあげたりオモチャに入れたりいろいろな方法であげましょう

●食べなくても片づける

遊び食いなどさせないために、食べないからといってそのまま置いておいてはだめです

   
   

食べ物や食器、時間などにこだわらず

入院やペットホテルなど環境が変わっても

きちんとご飯を食べてくれるコに育てましょう

—ダメな例—
※盗み食いのチャンス ※おねだりをされる
※甘くておいしいものを覚えてしまう 糖分とりすぎで太る可能性も・・・ ※普段家にあるものを 食べれると覚えてしまう

 

 

普段何気なく人間が食べている物でも 犬が食べてはいけない食べ物があります

食べてはいけない物を覚えておきましょう 犬が食べてはいけないものへ

ほしいワンちゃんがいたときや、子犬の事でのご質問など・・・

ご不明点やお気づきの点がありましたら、お電話、メールでお気軽にお問い合わせください。

お電話 10:00~19:00 メール、お問い合わせフォームからは24時間いつでもokです

TEL:080-5685-1858

MAIL:info@dogfield.net

 

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 食事
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Share on FriendFeed

No related posts.

犬種別子犬検索





















ブリーダー様へ

その他のオプション