犬の腹壁ヘルニア

━━━相談内容━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2年前に腹壁ヘルニアで手術しました。

今回、また同様の突起物ができ、 診察を受けましたが、しばらく様子を見ることに。

腫瘍ではないかと心配でなりません。

ヘルニアとの見分け方を教えていただけませんか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━獣医師の回答━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

腹壁ヘルニアとは、外傷や腹圧の上昇などにより腹壁の一部が裂けてしま った場合や、

あるいは生まれつき腹壁の癒合不全(腹壁が胎児のうちに閉 じなかった状態)があった場合に、

腹腔内の臓器や脂肪などがその裂け目 から出てくるものです。

腫瘍とヘルニアの見分け方としては、膨らみを押さえてみることです。

ヘルニアの場合はそっと押さえると膨らみがなくなります。

腫瘍ですと、 押さえても膨らみが移動することはあっても、なくなることはありません。

ただし、ヘルニアが大きい場合は、そこから脂肪などの組織だけでなく腸 管などの臓器が出てくることがあり、

内臓が多量に出てしまっていると、 軽く押さえただけでは、

ヘルニアの中に出ている内臓が元の位置に戻らな いことがあります。

内臓のなかでもとくに腸がこの状態になってしまうと、 腸閉塞のような症状が見られることがあるだけでなく、

ヘルニア自体が熱 を帯びたり、赤黒く変色したり、ということがあります。

ちなみに、レントゲン検査や超音波検査を受けることで腹壁ヘルニアか腫 瘍かの区別をつけることも可能です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ほしいワンちゃんがいたときや、子犬の事でのご質問など・・・

ご不明点やお気づきの点がありましたら、お電話、メールでお気軽にお問い合わせください。

お電話 10:00~19:00 メール、お問い合わせフォームからは24時間いつでもokです

TEL:080-5685-1858

MAIL:info@dogfield.net

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 犬の腹壁ヘルニア
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Share on FriendFeed

Related posts:

  1. 犬の椎間板ヘルニアと頻尿の関係
  2. 犬のチェリーアイの治療
  3. 犬の貧血

犬種別子犬検索





















ブリーダー様へ

その他のオプション