犬の腫瘍疾患について

━━━!6頭に1頭は腫瘍疾患を発症!━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

犬の腫瘍疾患の発症率は加齢とともに上昇し

、7歳では10.1%、10歳では、 6頭のうち1頭にあたる17.5%が腫瘍疾患を発症していることが、

アニコム損 害保険株式会社(代表取締役社長:小森 伸昭)によるペット保険「どうぶつ健 保」の保険金請求データを基にした調査で明らかになった。

犬種別の発症率を調査したところ、発症率が高かった上位3犬種は、

ゴールデ ン・レトリーバー(15.4%)、パグ(11.8%)、ラブラドール・レトリーバー(11.6% )であった。

がんから愛犬を守るには、早期発見・早期治療が重要である。日常のこまめな観 察とともに、定期的な検診を心がけたい。

※集計方法:2008年度にアニコム損保に契約した犬217,150頭(0~10歳)を対 象に「腫瘍疾患」の請求データを集計

ほしいワンちゃんがいたときや、子犬の事でのご質問など・・・

ご不明点やお気づきの点がありましたら、お電話、メールでお気軽にお問い合わせください。

お電話 10:00~19:00 メール、お問い合わせフォームからは24時間いつでもokです

TEL:080-5685-1858

MAIL:info@dogfield.net

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 犬の腫瘍疾患について
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Share on FriendFeed

Related posts:

  1. 犬のチェリーアイの治療
  2. 犬の生理
  3. 犬の腹壁ヘルニア

犬種別子犬検索





















ブリーダー様へ

その他のオプション