犬の食糞症、異嗜癖

━━━相談内容━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

生後4カ月ぐらいからうんちを食べます。

最近は小石も食べるようになり、 うんちに小石が入っているのを確認できるぐらいです。

叱っても、ちょっ と目を離した瞬間に口にします。病気ですか? 何が原因でしょう?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━獣医師の回答━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

糞や石など、食物ではない物を食べる状態を食糞症や異嗜癖といいます。

食糞症は犬にわりとみられるものですが、望ましい行動ではありません。

また、異嗜癖は腸閉塞などの重大な病気を招く恐れがあるため、今の内に しつけを行っていく必要があります。

ただ、このような行動は、栄養バランスが崩れていたり、寄生虫感染を 起こしているといった時などに見られがちです。

体に異常が無いか確認するため、動物病院で便検査や身体検査、そして、 栄養指導などを受けておくことをお勧めします。

また、動物病院の中には パピー教室やしつけ教室などを開催している所があります。

この機会に 子犬の社会化やしつけ方法など、気軽にご相談できる所を探してみては いかがでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ほしいワンちゃんがいたときや、子犬の事でのご質問など・・・

ご不明点やお気づきの点がありましたら、お電話、メールでお気軽にお問い合わせください。

お電話 10:00~19:00 メール、お問い合わせフォームからは24時間いつでもokです

TEL:080-5685-1858

MAIL:info@dogfield.net

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 犬の食糞症、異嗜癖
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Share on FriendFeed

Related posts:

  1. 犬のチェリーアイの治療
  2. 犬のノミ駆除薬滴下後の湿疹
  3. 犬のホルモン性の尿失禁?

犬種別子犬検索





















ブリーダー様へ

その他のオプション