犬種の特徴は、血統書発行団体の規定に沿った内容です。

毛色等はその種に認められた規定になります。
体高、体重などは基本的なサイズとして規定に近いほどスタンダードに近いと言えますが、
近年の平均的なサイズを表しているものではありません。

家庭で飼われている犬のサイズが規定より大きすぎる場合や、小さすぎる場合、
それが健康に大きく影響を与えるものではありません。

犬のサイズに関係なく、健康管理は飼われる方の日頃から愛情持って接することで、
体調の変化などに素早く気づき、対応していただくことが何よりも重要です。

「最新犬種スタンダード図鑑」より

ラフコリーの外観

優美で、落ち着きと威厳があり、体型は完璧なバランスのプロモーションを持っている

ラフコリーの特徴と性格

肉体的な構造が力強さと活動力にあふれ、冷淡さや粗雑さはミられない

親しみやすい性質で、神経質であったり、攻撃的であったりしない

ラフコリーの頭部

前から見ても横から見ても頭部は先端が鈍角のすっきりとしたくさび形で、

両耳から黒い鼻の先端まで徐々になめらかに先細りし、頬骨が突出していたり、マズルが細かったりしない

スカルの長さとマズルの長さは同じで、横から見ると、

スカルの平らな頭頂とマズルの真っすぐな上辺とは平行線をなしており、ごくわずかに認められるストップによって区別されている

マズルは十分な丸みをおびており、先は鈍角だがスクエア(四角っぽい)ではない

目は中くらいの大きさで、アーモンド形の暗褐色

毛色がブルー・マールの場合、目はしばしばブルーまたはブルーの斑が見られる

耳は小さく、2/3が直立して先端の1/3が前方へ折れており、

静止しているときは後方へ傾いているが、警戒するときには前方へ半直立する

歯の咬み合わせはシザーズ・バイトである

ラフコリーの首

筋骨たくましく、力強く、適度の長さで十分にアーチを描いている

ラフコリーの胴体

体高に比べて体長がやや長く、背は頑丈で腰部でわずかに隆起している

肋骨はよく張っており、胸部が深く、肩の後ろはかなり幅広い

ラフコリーの尾

長く、その先端は少なくともホック・ジョイントまで達している

尾先はわずかに上方へ巻いており、静止時は低く保つが、興奮しても決して背上にあがることはない

ラフコリーの四肢

前肢は肩甲骨が十分な角度に傾斜し、前脚は真っ直ぐで筋肉たくましく、肘は内向きや外向きになっていない

後肢は大腿部が筋肉質、下腿部は腱質で、スタイフルは十分な角度に曲がっている

ホックは位置が低く、力強い

足はオーバル(卵形)で、パッドは充実し、前・後肢とも指趾は前足の指ほどには隆起していない

ラフコリーの歩様

肘は決して外向しないが、前足は比較的互いに近づいて動く

飛節から地面にかけての後脚は、後ろから見ると平行しているが接近しすぎてはいけない

ラフコリーの被毛と毛色

上毛は真っすぐで手ざわりが粗く、下毛は柔らかい

メインやフリルは非常に豊かで、マスク(前顔部)や顔の毛は短い

前脚は十分な飾り毛で覆われ、ホック上部の後脚には豊富な飾り毛があるが、ホック・ジョイントはなめらか

尾の毛は非常に豊富である

毛色は、セーブル&ホワイト、トライカラー、ブルー・マールの3色が認められているが色合いなどにそれぞれ成約がある

ラフコリーの原産地

イギリス

ラフコリーのサイズ

体高 肩の高さで牡61センチ 牝56センチが理想

パピートレーニング 飼育グッズの準備
子犬の食事 お散歩デビュー

ほしいワンちゃんがいたときや、子犬の事でのご質問など・・・

ご不明点やお気づきの点がありましたら、お電話、メールでお気軽にお問い合わせください。

お電話 10:00~19:00 メール、お問い合わせフォームからは24時間いつでもokです

TEL:080-5685-1858

MAIL:info@dogfield.net

 

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ラフコリーの特徴
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Share on FriendFeed

No related posts.

犬種別子犬検索





















ブリーダー様へ

その他のオプション