犬の肥満細胞腫

━━━相談内容━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

足に5×3mm程度の肥満細胞腫が見つかりました。

今のところ他への転移 の兆候はなく、食欲や運動量も普段と同じです。

この状態で切除後の再発 の可能性はどの程度ですか?

また再発を抑えるためにできることは?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━獣医師の回答━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

肥満細胞腫の再発の可能性や予後には複数の要因が関係するため、

再発の 可能性を判断するには、少なくとも次のことを調べる必要があります。

1)腫瘍細胞の分化程度(悪性度)の等級[グレード分類:I~III]

2)腫瘍の周囲への浸潤や転移の有無・程度の段階  [ステージ分類:0~4]

3)手術で腫瘍が完全に切除できるか/できたかの病理組織検査 例えば、肥満細胞腫が1カ所だけで、

悪性度がグレードII、周囲リンパ節 や全身への転移が一切なく、腫瘍を顕微鏡的にも完全に切除できたのであ れば、

その1年後の再発率は21%、完全に切除しきれなかった場合は71% という報告があります。

これがグレードIであれば、再発率はさらに低く なりますが、グレードIIIではもっと早期にかなりの確率で再発します。

また、外科手術に加えて放射線治療や抗がん剤治療を行うかどうかでも 再発率は変わってきます。

このため、現状では愛犬の再発率について明確 な数字を出すことはできません。

ただ、再発をできるだけ抑えたい場合、グレードIやIIで浸潤や転移がな ければ、

広くマージンをとって腫瘍を完全切除(ご質問者の愛犬のような 数mmの腫瘍であれば、

腫瘍とその周囲 数cm、腫瘍の下の筋膜を1層切除) することが勧められます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ほしいワンちゃんがいたときや、子犬の事でのご質問など・・・

ご不明点やお気づきの点がありましたら、お電話、メールでお気軽にお問い合わせください。

お電話 10:00~19:00 メール、お問い合わせフォームからは24時間いつでもokです

TEL:080-5685-1858

MAIL:info@dogfield.net

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 犬の肥満細胞腫
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Share on FriendFeed

Related posts:

  1. 犬のチェリーアイの治療
  2. 犬のノミ駆除薬滴下後の湿疹
  3. 犬のホルモン性の尿失禁?

犬種別子犬検索





















ブリーダー様へ

その他のオプション