マラセチア感染

病院で爪の付け根が赤くなっているといわれ検査。

爪の垢と耳垢から酵母菌(マラセチア)がでた。

 

 

━━━獣医師の回答━━━

マラセチアと呼ばれる酵母菌は、どんな犬の皮膚にもある程度存在している常在菌の一つです。

こういった常在菌は通常、病気の原因となることはありません。

しかし、耳や皮膚に何か問題があるとこの菌が異常に増えてマラセチア性の外耳炎や皮膚炎を引き起こすことがあります。

愛犬のように、耳や爪の付け根にマラセチアが感染するのは、マラセチア性外耳炎を起こした耳をよく掻いている場合や、肢先をしゃぶる癖がある場合にみられることがあります。

マラセチアは水虫と同じようにカビの一種で、湿気や脂を好み、耳の中や皮膚が湿った状態であったり、べとついた状態になったりしていると、そこでどんどん増殖していきます。

このため、垂れ耳の犬や脂漏症の犬はマラセチア感染による外耳炎や皮膚炎を起こしやすいと言えます。

このほか、垂れ耳や脂漏症などがない犬であっても、シャンプー後の被毛の乾燥が不十分だったり、耳の中にシャンプーや水分が残っていたりすると、マラセチア感染を起こすことがあるため、注意が必要です。

また、アレルギーやアトピー性の皮膚炎を起こし皮膚バリアがもろくなっている犬は、脂漏症になりやすく、マラセチアの悪影響を受けやすい傾向があります。

ほしいワンちゃんがいたときや、子犬の事でのご質問など・・・

ご不明点やお気づきの点がありましたら、お電話、メールでお気軽にお問い合わせください。

お電話 10:00~19:00 メール、お問い合わせフォームからは24時間いつでもokです

TEL:080-5685-1858

MAIL:info@dogfield.net

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - マラセチア感染
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Share on FriendFeed

No related posts.

犬種別子犬検索





















ブリーダー様へ

その他のオプション