犬の食物アレルギー

━━━症状と原因━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

犬の食物アレルギーを引き起こす第一の原因には、ドッグフードが多いです。

大抵の場合、1、2種類の食物に対してアレルギー反応を起こすことが多く、 それらの食物に含まれるタンパク質や炭水化物が、原因といわれています。

これはドッグフードの値段の高い安いにかかわらず、同じ材料が使われていれば、 アレルギーは出る可能性がありますので有名で、または無農薬などで高価である という事は一切関係ありません。

どの食物がアレルゲンになりやすいかどうかは、その食物に含まれるタンパク質・ 糖タンパク質などの構造や分子の大きさに関係があるということも研究などで報告 されていますが、

やはり個体差が大きいので一概には言えません。

免疫グロブリン(抗体)の中には、消化器官の粘膜に多く存在するものがあってその 働きが弱まると、消化管の透過性が高くなり、栄養成分が大きな分子のまま、吸収 されてしまいます。

そうなると、体の免疫系にとっては、異種の物質として認識される 傾向が高くなって、アレルギー反応が出やすくなると考えられています。

犬の食物アレルギーの原因となる主なものには次のような食物が挙げられます。

●卵・魚・肉類: 牛肉、鶏肉、豚肉、魚、卵 ●穀類: 大豆、小麦、大麦、ライ麦、オーツ麦、トウモロコシ ●その他: 乳製品 また、症状がアレルギーと似たもので食物不耐性というものがあります。

アレルギーと の大きな違いは、アレルギーよりも急性であることが多く、体の免疫系の過剰な反応で はない事です。

例えば、ドッグフードを変えた途端に、体調がおかしくなった場合は、原 因が食物アレルギーである可能性は低いと考えられます。 食物不耐性で代表的なものは、ラクトース不耐性です

。これは、犬の多くが牛乳などに 含まれているラクトース(乳糖)を分解する酵素であるラクターゼを十分に持っていない ので、嘔吐や下痢などを起こすものですが、個体差もあるので、犬の中には、牛乳を飲 んでも全然平気な場合ももちろんあります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━対処法━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

食物が原因となっている場合は、アレルギー用の処方食を与えます。

ホコリやダニが原因である場合は、生活している場所を頻繁に掃除するようにします。

また、かゆみを抑え、なめたり引っかいたりすることによって、皮膚傷害が蔓延するこ とを防ぐために、抗ヒスタミン鋼とコルチコステロイド剤がよく使われます。

頻繁にシャ ンプーすることで、痴皮や角化層と同時に皮膚表面のアレルゲンを取り除くようにしま す。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ほしいワンちゃんがいたときや、子犬の事でのご質問など・・・

ご不明点やお気づきの点がありましたら、お電話、メールでお気軽にお問い合わせください。

お電話 10:00~19:00 メール、お問い合わせフォームからは24時間いつでもokです

TEL:080-5685-1858

MAIL:info@dogfield.net

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 犬の食物アレルギー
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Share on FriendFeed

Related posts:

  1. 犬のチェリーアイの治療
  2. 犬のノミ駆除薬滴下後の湿疹
  3. 犬のホルモン性の尿失禁?

犬種別子犬検索





















ブリーダー様へ

その他のオプション