犬の貧血

━━━相談内容━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

重度の貧血で緊急輸血、現在はステロイドと抗生剤を服用しています。

レ ントゲンも骨髄検査も異常なしで、原因がわかりません。

ステロイドを減 らすと悪化するのですが、愛犬は肝臓が悪く副作用が心配です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━獣医師の回答━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

貧血とは血液中の赤い成分(赤血球成分)が少なくなっている状態です。 この原因は大きく3つに分けられます。

(1)体外か体内のどこかから出血している(外傷、消化管や腹腔内での出血など)

(2)体内で赤血球が壊されている(寄生虫、自己免疫疾患、タマネギ中毒 など)

(3)赤血球の産生過程のどこかに問題がある(ホルモンや骨髄の病気など)

外傷や腫瘍などによる体腔内での出血がなく、骨髄検査でも異常がないの であれば、

(2)のように赤血球が体内で破壊されていることが疑われます。

また、ステロイドで貧血がある程度コントロールされているのであれば、 自己免疫疾患の可能性も考えられ、

こういった病気であれば、ステロイド や免疫抑制剤が治療のカギとなります。

ステロイドの副作用が心配とのことですが、減らすと貧血が悪化するので あれば、投与は必要不可欠ではないでしょうか。

今、愛犬に必要なのは、 肝臓の副作用よりも貧血を改善することです。

貧血では動悸や息切れ、す ぐ疲れる、呼吸が速く浅いといった見た目の症状だけでなく、

体の細胞全 体が酸素不足となり、重度な場合では生命そのものが危うくなります。

病気に不安を感じている時は、大学病院への紹介などを含め、貧血の原因 をどこまで追求するか、

今後の投薬内容をどうしていくか、といったこと を主治医ときちんと話し合ってみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ほしいワンちゃんがいたときや、子犬の事でのご質問など・・・

ご不明点やお気づきの点がありましたら、お電話、メールでお気軽にお問い合わせください。

お電話 10:00~19:00 メール、お問い合わせフォームからは24時間いつでもokです

TEL:080-5685-1858

MAIL:info@dogfield.net

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 犬の貧血
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Share on FriendFeed

Related posts:

  1. 犬のチェリーアイの治療
  2. 犬の腎臓機能
  3. 犬の腹壁ヘルニア

犬種別子犬検索





















ブリーダー様へ

その他のオプション