» しつけについて | 子犬販売 ブリーダー直販専門 DOGFIELD

しつけについて・飼い主の心構え  どのような考えで一緒に暮らすのがりそうでしょうか?

初日のお世話  お迎えした日はどんなことをすればいいのでしょうか?

トイレトレーニング  一番多い悩みですが根気が必要です

食事  犬の食事は人間とはちがいます 

お手入れ  お手入れができることもしつけです

パピートレーニング  子犬のしつけって何をするの?

ほしいワンちゃんがいたときや、子犬の事でのご質問など・・・

ご不明点やお気づきの点がありましたら、お電話、メールでお気軽にお問い合わせください。

お電話 10:00~19:00 メール、お問い合わせフォームからは24時間いつでもokです

TEL:080-5685-1858

MAIL:info@dogfield.net

 

犬は順位をつけて自分のポジションを決めています

もともと犬は群れで生活していて、群れにはリーダーがいます

飼い主がしっかりリーダーにならないと犬がリーダーになろうとします

あなたはしっかりリーダーになっていますか?

家族全員が犬よりも格上になっていますか?

 

まずしつけをするときには

家族全員で同じ考えや行動でしつけをしていきましょう

いいこと・悪いことや褒め方などが人によって違うと犬は混乱します

しつけには統一感をもって、家族全員で取り組むようにしましょう

 

そしてついかわいいからと甘やかしてはいけません

叱るときはきとんと叱りましょう

甘やかされて育つと、とても我儘に育ちます

そうなってからでは治すのはとても大変です

怒るのがかわいそう・・・と思うかもしれませんが

叱ることは愛情のあるしつけなのです

 

また叱るばかりではなく

褒めるときはしっかり褒め

飼い主をリーダーとした信頼関係をしっかり築きましょう

メリハリのあるしつけも大切です

 

自分がリーダーだと思い込んでいる犬は

周囲に警戒して落ち着きがなく我儘な行動をしがちですが

飼い主をリーダーにしている犬は

飼い主が穏やかなら安心して穏やかでいられます

飼い主も感情にまかせて犬を怒るのではなく

リーダーとしてしっかり叱ってしつけをしてあげましょう

 

愛犬の面倒を見るのは飼い主なのですが

もし何かあって飼えなくなったらどうなりますか?

あなた以外が面倒を見ることになりますよね?

飼い主がOKでも他人から見たらNGなこともたくさんあります

マナーを意識することはもちろんですが

どんな環境でも生活できるわんこに育てることも

意識してみてください

ほしいワンちゃんがいたときや、子犬の事でのご質問など・・・

ご不明点やお気づきの点がありましたら、お電話、メールでお気軽にお問い合わせください。

お電話 10:00~19:00 メール、お問い合わせフォームからは24時間いつでもokです

TEL:080-5685-1858

MAIL:info@dogfield.net

 

家に迎えた当日は必要な世話をするようにしましょう

飼い主の生活パターンを子犬に教えることが大切です

ハウスとトイレをセットしたサークルに入れます

•サークルを嫌がりそうならおやつ入りのおもちゃを使いましょう

•子犬が排泄したらトイレシーツをかえましょう

•子犬は寝てる時間が多いので起こしたり声をかけないようにします

•普段と同じリズムで生活し子犬に観察させましょう

エサは少しずつ数回に分けて与えます

はいつでも飲めるようにしておきましょう

•夜はそのままサークルで寝かせます

いつもどうりの

生活をしましょう

ー子犬が夜鳴きをしたら?ー

子犬をサークルで寝かせると

夜鳴きをすることがあります

その時にかわいそうだからと言って

声をかけたり寝室で一緒に寝ると

夜鳴きはずっと続きます

初日から無視して放っておきます

初日から教えることが大切です

ほしいワンちゃんがいたときや、子犬の事でのご質問など・・・

ご不明点やお気づきの点がありましたら、お電話、メールでお気軽にお問い合わせください。

お電話 10:00~19:00 メール、お問い合わせフォームからは24時間いつでもokです

TEL:080-5685-1858

MAIL:info@dogfield.net

 

 

犬のトイレは家でするようにしつけましょう

散歩など外でするようにしていると近所迷惑にもなり

犬嫌いの人を増やしてしまう原因にもなります

家でできると我慢する必要もなくいつでもできます

ペットシーツでできるようになると外出先でも簡単にトイレができます

マナーだけではなく健康管理のためにも

ペットシーツでできるようになりましょう

・入院した時や知らない場所でも排泄できる ・排泄したいから朝早く起こされるなど

犬が我慢してる状態にならない

・ウンチやオシッコの色で健康チェック!

・外での排泄で人に迷惑をかけない

犬が排泄しやすいのは

起きてすぐ

食後

運動した後

などのタイミングです

また排泄したいときはそわそわと落ち着きがなく

ニオイをかいだりクルクル回るように歩きます

犬が排泄しそうだとおもったらトイレに乗せてシーツの上で排泄させましょう

上手にできたらすぐほめましょう

成功した体験を重ねておぼえさせましょう

なでてほめたり、おやつをあげたり

トイレの成功=うれしいこと にしましょう

犬がトイレ以外で排泄しても絶対に叱らないこと

あとから叱られても何のことで叱られてるかわかりません

現行犯で叱っても排泄が悪いことと勘違いして

隠れてするようになったり

ウンチを食べるようになってしまいます

叱らずだまって掃除しましょう

消臭剤でにおいが残らないようにします

ほしいワンちゃんがいたときや、子犬の事でのご質問など・・・

ご不明点やお気づきの点がありましたら、お電話、メールでお気軽にお問い合わせください。

お電話 10:00~19:00 メール、お問い合わせフォームからは24時間いつでもokです

TEL:080-5685-1858

MAIL:info@dogfield.net

 

 

 

子犬が家にやってきてしばらくは以前食べていたものと同じものを用意しましょう 回数や分量も変えないようにします

子犬が新しい家に慣れてきてドッグフードを変えてもいいなと思ったら 今まで食べていたフードに新しいフードを少しずつ混ぜながら与えて慣らしていきます

1日ごとに新しいフードの量を増やし下痢、嘔吐などがないか確認しましょう 10日~2週間様子を見て問題がなければ新しいものに切り替えても大丈夫です

子犬期の食事は、栄養価が高くカロリーは成犬の2倍を必要とします 生後4~5ヶ月までは消化吸収しやすいように、食事の回数を1日3~4回にわけましょう

子犬用ドライフードをぬるま湯か犬用ミルクでふやかしてから与えます

乳歯から永久歯に変わる時期には硬いものを食べさせて歯の生え変わりを促すことも必要なので 1日に一度は硬いままのフードを与えるとよいでしょう

乳歯から永久歯に生え変わるのは、だいたい生後4~6ヶ月の頃です

 

体格や運動量などで適量がかわります 体重からの基本量を目安にしながら適量をみつけましょう

1日の摂取

カロリー

目安

(成犬)

体重 カロリー
1 110
2 185
3 259
4 315
5 370
6 426

※成犬の目安なのでシニア犬は0.7~0.8倍の計算です

※フードパッケージの裏に何gかの表示もあるので参考にしましょう

※1日の総カロリーはフード+おやつのカロリー量です

※犬はあげた分食べてしまいます

 

 

毎回きちんと量ってあげるようにしましょう

※写真のような食べ放題には

 

 

絶対にしてはいけません(汗)

●ご飯の時間は決めない

同じ時間にあげていると習慣になって催促されたりします

●要求されてもあげない

催促されたら無視して静かな時にあげます

●犬は家族が食べた後

食事の順番は順位を確かめる重要な要素です

犬の前で何か食べてからあげるようにしましょう

●いろいろな方法で与える

食器からだけでなく、手からあげたりオモチャに入れたりいろいろな方法であげましょう

●食べなくても片づける

遊び食いなどさせないために、食べないからといってそのまま置いておいてはだめです

   
   

食べ物や食器、時間などにこだわらず

入院やペットホテルなど環境が変わっても

きちんとご飯を食べてくれるコに育てましょう

—ダメな例—
※盗み食いのチャンス ※おねだりをされる
※甘くておいしいものを覚えてしまう 糖分とりすぎで太る可能性も・・・ ※普段家にあるものを 食べれると覚えてしまう

 

 

普段何気なく人間が食べている物でも 犬が食べてはいけない食べ物があります

食べてはいけない物を覚えておきましょう 犬が食べてはいけないものへ

ほしいワンちゃんがいたときや、子犬の事でのご質問など・・・

ご不明点やお気づきの点がありましたら、お電話、メールでお気軽にお問い合わせください。

お電話 10:00~19:00 メール、お問い合わせフォームからは24時間いつでもokです

TEL:080-5685-1858

MAIL:info@dogfield.net

 

《リードになれる》

2度目の予防接種が終わると散歩をしてもいい頃になります。

ですが、子犬に急にリードをつけても歩きません。

そんな時のために、前もってリードに慣れさせておく必要があります。

最初の頃は首にリボンをつけて首にものがついている状態に違和感を覚えないようにさせます。

慣れてきたらリボンを首輪に変え、リードをつけて少しずつ引いてみましょう。

犬と視線を合わせるようにかがみ込み、「オイデ」などと声をかけ名前を呼びながら行います。

決して強引にリードを引きずらないようにしましょう。

《いよいよデビュー》

ある程度リードに慣れてきたら、外にでてみましょう。

初めての散歩は犬まかせにし、無理やり引きずるようなことは決してしないでください。

まずは外の空気に触れて歩く喜びを知ってもらうことが目的ですから、

犬の行きたい方向に歩かせて上げましょう。

《臭いをかぐ行為はやめさせる》

外の空気や環境に慣れてきたら、道路や電柱の臭いをかがせないように歩かせましょう。

電柱などにはほかの犬がオシッコをしてテリトリーを主張する「マーキング」をしている可能性があるので、

不衛生だけでなく伝染病を移される可能性もあります。

犬の習性としては、臭いをかぎながら歩くのが普通ですが叱ってでも近寄らせないようにしましょう。

また、草むらなどに入ることもノミやダニのつく原因になるのでやめさせましょう。

ほしいワンちゃんがいたときや、子犬の事でのご質問など・・・

ご不明点やお気づきの点がありましたら、お電話、メールでお気軽にお問い合わせください。

お電話 10:00~19:00 メール、お問い合わせフォームからは24時間いつでもokです

TEL:080-5685-1858

MAIL:info@dogfield.net

 

その日の汚れはその日のうちに落とすように心がけましょう

散歩から帰ったら温めたタオルなどでマッサージをするように体を拭いて 体、耳、尻尾、四肢をブラッシングしてあげましょう

手入れの時間はまず短い時間から始めます 嫌がるそぶりを見せたら無理せずすぐやめてあげましょう

1日ごとに少しずつ時間を延ばしていきます

子犬の皮膚は柔らかいので、ブラッシングを無理に行うと痛がってしまうことがあります

痛い思いをするとそれ以降手入れを嫌がるようになってしまうので注意が必要です

生後4~8ヶ月頃にかけて被毛が抜けていき、新しい毛に生え変わります たくさん抜けますが、

手入れをやめてしまわないようにしてください

毎日しっかりブラッシングして毛の生え変わりを促してあげましょう

子犬をシャンプーするときは、シャワーやドライヤーの音などで 怖がらせないためにもなるべく静かにやさしく行いましょう

シャワーで被毛をぬらす場合、頭から離れた部分からはじめ、徐々に全身にかけていきます

顔や耳に直接シャワーがあたらないように注意し お湯の温度もぬるま湯程度を一定に保つようにしましょう

シャンプーは手際よく、短時間で済ませましょう

子犬の皮膚はとてもデリケートなので、高品質のマイルドな子犬用シャンプーを使用しましょう

ドライヤーをかける時もいきなり子犬に向けず少し離してドライヤーをかけ音に慣らしてあげます

少し経ったら、後ろ足から温風をかけて徐々に体、頭へと移動します 皮膚が完全に乾くまでしっかりとドライヤーをかけてください

生乾きだと、雑菌が繁殖しやすくなります 乾いたらブラッシングも忘れずにしましょう

おうちでシャンプーのやり方はこちら

爪の伸びはとても早いです 鋭くなる前に爪を切ってあげましょう

また犬の爪には血管が通っており、深爪をすると出血します

自分で切る場合には止血剤を準備しておくといいでしょう

自分で切るのが不安だったらペットショップ(トリマーさん)などに お願いするのもひとつの手段です

犬種によってかわりますが健康な状態なら耳掃除は必要ありません

耳が汚れていたり臭かったりしていたら掃除をしてあげましょう

犬が耳を掻いていたりして気にしているようならまず確認しましょう

耳掃除用のイヤークリーナーや綿棒などできれいにしてあげます

たれ耳のコは汚れやすい、毛の長い犬種によっては耳の毛抜きが必要など

犬種に合ったお手入れをしてあげましょう

犬の歯はすぐ歯垢がたまり3~5日で歯石になってしまいます それをほうっておくと歯周病になってしまいます

たまってしまった歯石をとるには病院で全身麻酔でとってもらいます

そうなる前に日々お手入れをして予防したいですね

犬用歯ブラシや歯磨きジェル、歯磨きガムなどいろいろなアイテムが売っています

子犬のうちから歯磨きの習慣をつけてあげましょう

我が家では歯磨きジェルを使ってますが

4歳すぎても歯が白いです

食後に歯磨きジェルをするだけなので

毎日しても大変なことではないです

ほしいワンちゃんがいたときや、子犬の事でのご質問など・・・

ご不明点やお気づきの点がありましたら、お電話、メールでお気軽にお問い合わせください。

お電話 10:00~19:00 メール、お問い合わせフォームからは24時間いつでもokです

TEL:080-5685-1858

MAIL:info@dogfield.net

 

» しつけについてのブログ記事

犬種別子犬検索





















ブリーダー様へ

その他のオプション