» 子犬のお世話 | 子犬販売 ブリーダー直販専門 DOGFIELD

家に迎えた当日は必要な世話をするようにしましょう

飼い主の生活パターンを子犬に教えることが大切です

ハウスとトイレをセットしたサークルに入れます

•サークルを嫌がりそうならおやつ入りのおもちゃを使いましょう

•子犬が排泄したらトイレシーツをかえましょう

•子犬は寝てる時間が多いので起こしたり声をかけないようにします

•普段と同じリズムで生活し子犬に観察させましょう

エサは少しずつ数回に分けて与えます

はいつでも飲めるようにしておきましょう

•夜はそのままサークルで寝かせます

いつもどうりの

生活をしましょう

ー子犬が夜鳴きをしたら?ー

子犬をサークルで寝かせると

夜鳴きをすることがあります

その時にかわいそうだからと言って

声をかけたり寝室で一緒に寝ると

夜鳴きはずっと続きます

初日から無視して放っておきます

初日から教えることが大切です

ほしいワンちゃんがいたときや、子犬の事でのご質問など・・・

ご不明点やお気づきの点がありましたら、お電話、メールでお気軽にお問い合わせください。

お電話 10:00~19:00 メール、お問い合わせフォームからは24時間いつでもokです

TEL:080-5685-1858

MAIL:info@dogfield.net

 

ワクチン接種、狂犬病予防接種なども必要なので

かかりつけの病院を決めておきましょう

犬が体調を崩したときや健康診断などにも病院は必要です

急な時にも困らないように探しておきましょう

病院へはきちんと説明のできる

いつもお世話をしている人が連れて行くのがいいでしょう

 

●どんな症状か

●体調の変化はいつくらいからか

●食べたもの(種類や量など)

●排泄の状態

●そのほか不安なことや気になること

 

 

 

通いやすさ

清潔さ

設備 診察時間

近所の口コミ など

参考までに我が家では普段のかかりつけは通いやすい小さい病院へ行き

病気になった時には別の病院を紹介してもらったりしています

ヘルニアの場合は鍼の病院へ、ほかの病気は設備のあるところへ・・・など

 

 

生後8週前後 ・・・1回目のワクチン接種

1か月前後   ・・・2回目のワクチン接種

その1か月前後・・・3回目のワクチン接種、又は狂犬病予防

1回目か2回目のワクチン接種の後にお家にくることが多いので

ワクチン接種や狂犬病の予防接種は最初に病院へ連れて行くきっかけになります

その時に獣医さんといろいろ相談して予防接種の予定を決めたりしましょう

その後は年に1回狂犬病と混合ワクチンの予防接種をうけます

ワクチンと狂犬病は最低1か月くらい間をおいて接種することが多いです

 

狂犬病予防接種 狂犬病 予防接種は民間で義務づけられています 感染すると意識障害中枢神経の麻痺がおこり死亡する 人にも感染する病気
混合ワクチン接種 (5種) ジステンバー 発熱、下痢、神経症状などがおこる 1歳以下の子犬に発症しやすく死亡率が高い 病犬との接触や飛沫感染するウイルス性の病気
犬アデノウイルス感染症 (犬伝染性肝炎)1型2型 1型は肝炎主とし、嘔吐や下痢、食欲不振などが起こり突然死もある 2型は肺炎や扁桃炎などの呼吸器病を起こす 病犬の排泄物、唾液から感染 治療薬はなく予防接種することが重要
犬パルボウイルス感染症 呼吸困難、下痢や血便、嘔吐などを起こす腸炎型が多い 子犬が突然死する心筋型もある 病犬の排泄物、嘔吐物などから感染
犬パラインフルエンザウイルス 咳やくしゃみ、気管支炎、肺炎などを起こす 衰弱死することもある 病犬の咳やくしゃみで感染し子犬やシニア犬がかかりやすい
プラス3種 犬コロナウイルス感染症 腸炎を引き起こす感染症で下痢や嘔吐などを起こす パルボウイルス混合感染すると症状が重くなる
犬レプトスピラ病 黄疸出血型・カニコーラ型 感染によって腎臓、肝臓などがおかされる 黄疸出血型では歯肉の出血や黄疸がある カニコーラ型では高熱、嘔吐、下痢を起こす 病犬の排泄物などを通してまれに人にも感染する

 

フィラリア症 咳、失神、腹水、胸水などの症状を起こす 蚊の媒介により感染し、寄生虫が心臓や肺の血管に寄生する 進行すると臓器不全などで死亡する 感染してから投薬すると副作用があるので血液検査後に投薬する ノミ・ダニ 最初から予防することもできるしノミダニをみつけたら駆除してもいいでしょう 駆除方法はいろいろあります

 

ほしいワンちゃんがいたときや、子犬の事でのご質問など・・・

ご不明点やお気づきの点がありましたら、お電話、メールでお気軽にお問い合わせください。

お電話 10:00~19:00 メール、お問い合わせフォームからは24時間いつでもokです

TEL:080-5685-1858

MAIL:info@dogfield.net

 

 

犬のトイレは家でするようにしつけましょう

散歩など外でするようにしていると近所迷惑にもなり

犬嫌いの人を増やしてしまう原因にもなります

家でできると我慢する必要もなくいつでもできます

ペットシーツでできるようになると外出先でも簡単にトイレができます

マナーだけではなく健康管理のためにも

ペットシーツでできるようになりましょう

・入院した時や知らない場所でも排泄できる ・排泄したいから朝早く起こされるなど

犬が我慢してる状態にならない

・ウンチやオシッコの色で健康チェック!

・外での排泄で人に迷惑をかけない

犬が排泄しやすいのは

起きてすぐ

食後

運動した後

などのタイミングです

また排泄したいときはそわそわと落ち着きがなく

ニオイをかいだりクルクル回るように歩きます

犬が排泄しそうだとおもったらトイレに乗せてシーツの上で排泄させましょう

上手にできたらすぐほめましょう

成功した体験を重ねておぼえさせましょう

なでてほめたり、おやつをあげたり

トイレの成功=うれしいこと にしましょう

犬がトイレ以外で排泄しても絶対に叱らないこと

あとから叱られても何のことで叱られてるかわかりません

現行犯で叱っても排泄が悪いことと勘違いして

隠れてするようになったり

ウンチを食べるようになってしまいます

叱らずだまって掃除しましょう

消臭剤でにおいが残らないようにします

ほしいワンちゃんがいたときや、子犬の事でのご質問など・・・

ご不明点やお気づきの点がありましたら、お電話、メールでお気軽にお問い合わせください。

お電話 10:00~19:00 メール、お問い合わせフォームからは24時間いつでもokです

TEL:080-5685-1858

MAIL:info@dogfield.net

 

 

 

子犬が家にやってきてしばらくは以前食べていたものと同じものを用意しましょう 回数や分量も変えないようにします

子犬が新しい家に慣れてきてドッグフードを変えてもいいなと思ったら 今まで食べていたフードに新しいフードを少しずつ混ぜながら与えて慣らしていきます

1日ごとに新しいフードの量を増やし下痢、嘔吐などがないか確認しましょう 10日~2週間様子を見て問題がなければ新しいものに切り替えても大丈夫です

子犬期の食事は、栄養価が高くカロリーは成犬の2倍を必要とします 生後4~5ヶ月までは消化吸収しやすいように、食事の回数を1日3~4回にわけましょう

子犬用ドライフードをぬるま湯か犬用ミルクでふやかしてから与えます

乳歯から永久歯に変わる時期には硬いものを食べさせて歯の生え変わりを促すことも必要なので 1日に一度は硬いままのフードを与えるとよいでしょう

乳歯から永久歯に生え変わるのは、だいたい生後4~6ヶ月の頃です

 

体格や運動量などで適量がかわります 体重からの基本量を目安にしながら適量をみつけましょう

1日の摂取

カロリー

目安

(成犬)

体重 カロリー
1 110
2 185
3 259
4 315
5 370
6 426

※成犬の目安なのでシニア犬は0.7~0.8倍の計算です

※フードパッケージの裏に何gかの表示もあるので参考にしましょう

※1日の総カロリーはフード+おやつのカロリー量です

※犬はあげた分食べてしまいます

 

 

毎回きちんと量ってあげるようにしましょう

※写真のような食べ放題には

 

 

絶対にしてはいけません(汗)

●ご飯の時間は決めない

同じ時間にあげていると習慣になって催促されたりします

●要求されてもあげない

催促されたら無視して静かな時にあげます

●犬は家族が食べた後

食事の順番は順位を確かめる重要な要素です

犬の前で何か食べてからあげるようにしましょう

●いろいろな方法で与える

食器からだけでなく、手からあげたりオモチャに入れたりいろいろな方法であげましょう

●食べなくても片づける

遊び食いなどさせないために、食べないからといってそのまま置いておいてはだめです

   
   

食べ物や食器、時間などにこだわらず

入院やペットホテルなど環境が変わっても

きちんとご飯を食べてくれるコに育てましょう

—ダメな例—
※盗み食いのチャンス ※おねだりをされる
※甘くておいしいものを覚えてしまう 糖分とりすぎで太る可能性も・・・ ※普段家にあるものを 食べれると覚えてしまう

 

 

普段何気なく人間が食べている物でも 犬が食べてはいけない食べ物があります

食べてはいけない物を覚えておきましょう 犬が食べてはいけないものへ

ほしいワンちゃんがいたときや、子犬の事でのご質問など・・・

ご不明点やお気づきの点がありましたら、お電話、メールでお気軽にお問い合わせください。

お電話 10:00~19:00 メール、お問い合わせフォームからは24時間いつでもokです

TEL:080-5685-1858

MAIL:info@dogfield.net

 

《リードになれる》

2度目の予防接種が終わると散歩をしてもいい頃になります。

ですが、子犬に急にリードをつけても歩きません。

そんな時のために、前もってリードに慣れさせておく必要があります。

最初の頃は首にリボンをつけて首にものがついている状態に違和感を覚えないようにさせます。

慣れてきたらリボンを首輪に変え、リードをつけて少しずつ引いてみましょう。

犬と視線を合わせるようにかがみ込み、「オイデ」などと声をかけ名前を呼びながら行います。

決して強引にリードを引きずらないようにしましょう。

《いよいよデビュー》

ある程度リードに慣れてきたら、外にでてみましょう。

初めての散歩は犬まかせにし、無理やり引きずるようなことは決してしないでください。

まずは外の空気に触れて歩く喜びを知ってもらうことが目的ですから、

犬の行きたい方向に歩かせて上げましょう。

《臭いをかぐ行為はやめさせる》

外の空気や環境に慣れてきたら、道路や電柱の臭いをかがせないように歩かせましょう。

電柱などにはほかの犬がオシッコをしてテリトリーを主張する「マーキング」をしている可能性があるので、

不衛生だけでなく伝染病を移される可能性もあります。

犬の習性としては、臭いをかぎながら歩くのが普通ですが叱ってでも近寄らせないようにしましょう。

また、草むらなどに入ることもノミやダニのつく原因になるのでやめさせましょう。

ほしいワンちゃんがいたときや、子犬の事でのご質問など・・・

ご不明点やお気づきの点がありましたら、お電話、メールでお気軽にお問い合わせください。

お電話 10:00~19:00 メール、お問い合わせフォームからは24時間いつでもokです

TEL:080-5685-1858

MAIL:info@dogfield.net

 

もし、下記の危険度の高いものをわんちゃんが食べてしまった場合、 大至急動物病院に連れて行ってください。

もし何らかの理由で動物病院に連れて行けない、営業していないなどがあった場合は、 高濃度の塩水を飲ませることで吐き出す事があります。

(仮に吐き出してもなるべく早く動物病院に連れて行ってあげてください) 危険度: ※死亡の恐れなど、危険が高い食材

  • ネギ類 (たまねぎ、長ネギ、ニラなど)

たまねぎに含まれるアリルプロピルジスルファイドなどの成分が赤血球を破壊するため、溶血性貧血、ハインツ小体性貧血を起こす。量によっては死に至る事もある。 たまねぎを煮込んだスープなど、エキスが出ているものも危険です。 ペットに危険な食材としては有名ですが、致死量などはっきりしていない事も多い。 症状:胃腸障害、血尿、衰弱、心拍の増加 ゆり科植物が仲間として該当します。 タマネギ、長ネギ、ニラ、ニンニク、エシャロット、ラッキョウなど ※それぞれ毒性成分の含有量が違うため、危険度は異なります。

  • カカオ類 (チョコレート、 ココアなど)

カカオの成分であるデオブロミンが中枢神経を刺激する毒素となる。 デオブロミンとは、カカオの香り成分の1つ。カカオ含有量の高いビターチョコほど犬には危険となる。ミルクチョコレートはカカオ含有量が低いため、症状は出にくい。 症状:不整脈、心拍の増加、口の渇き、過剰な活動、痙攣、発作、嘔吐など 約4.5キロの犬の場合、以下の容量で深刻な症状となる可能性があります。 ビターチョコや調理用のカカオ率の高いチョコレート:約60グラム ミルクチョコレート:約560グラム 60グラムは小さめの板チョコ約1枚分です。小型犬の場合、板チョコ1枚分で致死量になる可能性があると言う事です。

  • 人間用の医薬品 栄養補助食品 サプリメント

人間用に処方されたものを獣医師の許可無く与えるのはとても危険です。 ASPCAの発表によると、アメリカ国内のペットの事故の第一位は人間用の医薬品によるものです。鎮痛剤、風邪薬、抗うつ剤、栄養補助食品によるものがもっとも多い。 症状:多岐にわたる。目に見えない症状もあるため、誤飲があった場合はすぐに獣医さんに相談してみましょう。 鎮痛剤に含まれるアセトアミノフェンは、強い中毒を起こします。特にに影響が出やすく、効き目の強いタイプの錠剤1錠で致命傷となります。 イブプロフェンは、約4.5キロの犬の場合4錠で深刻な腎臓障害がでるという報告があります。

  • レーズン ブドウ

アメリカの調査機関により、有害性があると認められました。しかし因果関係はまだはっきり解明されていません。同じ量を摂取しても、重い症状の出る犬もいれば、全く平気な犬もいるそうです。臨床結果では有害である事が立証されているため、避けるべき食材といえます。 症状:摂取後2~3時間後から嘔吐、下痢、腹痛、3~5日後に腎不全を起こす。 重度の場合は、腎不全から死亡するケースも報告されています。 マカダミアナッツもまだ解明されていない部分が多くありますが、レーズン、ブドウと同様に有害とされています。

  • アボカド

アボカドに含まれるペルジンが犬には毒になります。ペルジンは果実だけではなく、葉、種子、樹皮にも含まれています。 症状:嘔吐、下痢を含む胃腸の炎症、死亡の恐れ これらの症状は、多量に摂取したときに発症するとされている。 アボカドが材料に使われているペットフードもありますが、危険ではないの?という疑問があるかと思います。 症状:無気力、嘔吐、 異常な高熱、 筋硬直、ふるえ、心拍の増加

  • キシリトール (甘味料の一種)

ガムなどに使われる甘味料のキシリトールは犬にとって有害という発表がASPCA から出ています。 症状:少量でも摂取すると30分以内に血糖値が低下し、嘔吐、歩行困難、内出血、肝不全を発症する危険がある。 約9キロの犬の場合、2、3枚のキシリトールガムで致命傷となりえるという報告もあります。 危険度: ※量や状況により危険度が高い食材

  • ニンニク ガーリックパウダー

ガーリックオイルなど たまねぎと同じアリルプロピルジスルファイドなどが含まれているため、 溶血性貧血、ハインツ小体性貧血を起こす。 摂取すると赤血球に若干の変化はみられるが、玉ねぎほど含まれてはいないため、 酸素収容力に問題が起こるのは大量に摂取した場合に限られる。 症状:嘔吐、血尿、衰弱、心拍の増加

  • アワビ トリガイ サザエ トコブシ

光線過敏症になる。特に3~5月頃は貝の毒素が強いため危険です。 症状:毛の薄い耳に症状が現れやすく、腫れやかゆみが生じる。場合によっては壊死する事もあります。 「アワビを食べると耳が落ちる」という表現を聞いた事がある人も多いと思います。

  • スルメ

スルメは胃で水分を含み膨張します。10倍以上に膨れる事もあるそうです。膨れたスルメは腸を通過する事が出来ず、また食道に詰まって吐く事も出来ずという、危険な状態になります。 症状:胃腸障害、元気が無くなるなど。

  • 豚肉(生)

生の豚肉には、寄生虫(トキソプラズマ)が潜んでいる可能性があります。 症状:体重減少、下痢、目の障害など様々です。感染しても症状がでない場合もあります。若いほど危険が高いとされている。

  • 硬い骨 鶏 鯛の骨など

鶏の骨は鋭くとがった状態に割れるため、喉や消化器官を傷つける恐れがあります。 鯛の骨も大変堅いため、鶏の骨と同様に危険です。 症状:胃腸障害、喉の炎症、嘔吐など

  • アルコール

症状:嘔吐、下痢、 中枢神経系の抑制、ふるえ、昏睡 アシドーシス( 意識障害、血圧低下、痙攣、呼吸障害)など

  • カフェイン (お茶、コーヒー、コーラなどに含まれています)

症状:心臓や神経系への異常

  • キノコ (主に野生のキノコ)

有害なキノコは無害なキノコの近くに生えるため、キノコの種類だけでは毒性の有無を見分ける事は出来ないそうです。これは野生キノコの場合なので、栽培された市販のキノコは該当しないとは思いますが、毒性のあるキノコはペットにとってかなり危険とのことなので、念のため避けた方がいい食材かもしれません。 症状:肝臓、腎臓障害、重度の胃腸障害

  • イーストのパン (生の場合)

生のイーストは、食後に胃で膨張するため危険です。 また、生のイーストは アルコールを形成するので、アルコール中毒をもたらす危険もあります。 危険度: ※食べ過ぎ注意(適量なら問題ないが、過剰に摂取すると危険な食材)

  • トウモロコシ、ナッツ類、こんにゃく など

症状:消化不良、下痢

  • 生卵(生の白身部分)

卵白に含まれるアビジンがビオチン(ビタミンB群の一種)を分解する。 加熱すれば問題なし。栄養的にも優れた食品となります。 症状:下痢、皮膚炎、結膜炎

  • イカ タコ 貝類 甲殻類(アサリ、シジミ、エビ、カニなど) 淡水魚(コイ・マス・ニシンなど) ※特に内臓に注意 ※全て生の場合に限る

生の貝類や甲殻類を大量に摂取すると、酵素チアミナーゼ (アノイリナーゼ)がビタミンB1を分解するため、 ビタミンB1(チアミン)欠乏症を発症する恐れがあります。 加熱すると酵素は破壊されて安全になります。 量を多く取らなければ大丈夫ですが、イカ、タコなどは消化に悪いため、良い食材とは言えません。 症状:食欲低下、嘔吐、症状が進むと痙攣、ふらつきなどの神経障害など。 ワラビなど一部の山菜のアクにもチアミナーゼが含まれています。

  • 青身の魚 サバ、アジ、イワシなど)

過食すると、青身魚の不飽和脂肪酸により、体内の脂肪が酸化して 「黄色脂肪症(イエローファット)」になります。特にビタミンEが欠乏するとなりやすい。 症状:皮膚の下にしこりができる。痛みを伴う事もあり、さわると嫌がる。 急性で現れる病気ではなく、慢性的な食生活の偏りがこの病気を発症します。治療も食生活の見直しなど、時間をかけて行います。 ※不飽和脂肪酸自体は悪い成分ではありません。食べ過ぎなければ、青身魚も体に良い食材の1つです。

  • レバー

過食すると、 ビタミンA過剰症になる。 症状:骨(脊髄)の変形。症状が進むと起きあがれなくなります。

  • ピーナッツ

油分が多い。50%以上が油分でできています。 人間用に加工されたものは、塩分が付着している場合もあります。 マグネシウムを多く含むため、結石の原因にもなります。 症状:肥満、糖尿病、腎臓病、結石(泌尿器症候群)など

  • ほうれん草

シュウ酸が結石の原因になります。シュウ酸はアクに含まれる成分なので、茹でたりしてアクを取るとシュウ酸も減らす事ができます。 症状:結石

  • 野菜類、おからなど

野菜に含まれるセルロースを消化できないため、大量に摂取すると胃腸の負担になります。適量なら体に良い食材です。細かく刻むなど工夫をすると負担を減らせます。 症状:下痢、便秘など

ほしいワンちゃんがいたときや、子犬の事でのご質問など・・・

ご不明点やお気づきの点がありましたら、お電話、メールでお気軽にお問い合わせください。

お電話 10:00~19:00 メール、お問い合わせフォームからは24時間いつでもokです

TEL:080-5685-1858

MAIL:info@dogfield.net

 

その日の汚れはその日のうちに落とすように心がけましょう

散歩から帰ったら温めたタオルなどでマッサージをするように体を拭いて 体、耳、尻尾、四肢をブラッシングしてあげましょう

手入れの時間はまず短い時間から始めます 嫌がるそぶりを見せたら無理せずすぐやめてあげましょう

1日ごとに少しずつ時間を延ばしていきます

子犬の皮膚は柔らかいので、ブラッシングを無理に行うと痛がってしまうことがあります

痛い思いをするとそれ以降手入れを嫌がるようになってしまうので注意が必要です

生後4~8ヶ月頃にかけて被毛が抜けていき、新しい毛に生え変わります たくさん抜けますが、

手入れをやめてしまわないようにしてください

毎日しっかりブラッシングして毛の生え変わりを促してあげましょう

子犬をシャンプーするときは、シャワーやドライヤーの音などで 怖がらせないためにもなるべく静かにやさしく行いましょう

シャワーで被毛をぬらす場合、頭から離れた部分からはじめ、徐々に全身にかけていきます

顔や耳に直接シャワーがあたらないように注意し お湯の温度もぬるま湯程度を一定に保つようにしましょう

シャンプーは手際よく、短時間で済ませましょう

子犬の皮膚はとてもデリケートなので、高品質のマイルドな子犬用シャンプーを使用しましょう

ドライヤーをかける時もいきなり子犬に向けず少し離してドライヤーをかけ音に慣らしてあげます

少し経ったら、後ろ足から温風をかけて徐々に体、頭へと移動します 皮膚が完全に乾くまでしっかりとドライヤーをかけてください

生乾きだと、雑菌が繁殖しやすくなります 乾いたらブラッシングも忘れずにしましょう

おうちでシャンプーのやり方はこちら

爪の伸びはとても早いです 鋭くなる前に爪を切ってあげましょう

また犬の爪には血管が通っており、深爪をすると出血します

自分で切る場合には止血剤を準備しておくといいでしょう

自分で切るのが不安だったらペットショップ(トリマーさん)などに お願いするのもひとつの手段です

犬種によってかわりますが健康な状態なら耳掃除は必要ありません

耳が汚れていたり臭かったりしていたら掃除をしてあげましょう

犬が耳を掻いていたりして気にしているようならまず確認しましょう

耳掃除用のイヤークリーナーや綿棒などできれいにしてあげます

たれ耳のコは汚れやすい、毛の長い犬種によっては耳の毛抜きが必要など

犬種に合ったお手入れをしてあげましょう

犬の歯はすぐ歯垢がたまり3~5日で歯石になってしまいます それをほうっておくと歯周病になってしまいます

たまってしまった歯石をとるには病院で全身麻酔でとってもらいます

そうなる前に日々お手入れをして予防したいですね

犬用歯ブラシや歯磨きジェル、歯磨きガムなどいろいろなアイテムが売っています

子犬のうちから歯磨きの習慣をつけてあげましょう

我が家では歯磨きジェルを使ってますが

4歳すぎても歯が白いです

食後に歯磨きジェルをするだけなので

毎日しても大変なことではないです

ほしいワンちゃんがいたときや、子犬の事でのご質問など・・・

ご不明点やお気づきの点がありましたら、お電話、メールでお気軽にお問い合わせください。

お電話 10:00~19:00 メール、お問い合わせフォームからは24時間いつでもokです

TEL:080-5685-1858

MAIL:info@dogfield.net

 

» 子犬のお世話のブログ記事

犬種別子犬検索





















ブリーダー様へ

その他のオプション