» しつけについて | 子犬販売 ブリーダー直販専門 DOGFIELD

子犬の3ヶ月頃というのは、精神面、肉体面両方の形成において非常に重要な時期です。 このときに体験したことが成長してから決定的な資質になる可能性がかなり高いです。 ですが、手厳しくトレーニングをすると、肉体的、心理的なダメージが 大きくストレスになって反抗する態度がでたり、性格形成に影響を及ぼしかねませんので 子犬にあった適切なトレーニング方法を心がけてください。

狭い場所に押し込めるようでかわいそうですが、 慣れれば子犬はサークルを安心できる住まいとして喜ぶようになります。

家族の姿が見える場所、子犬が出入りしやすいところを選んでサークルを設置します。

サークルの中には子犬の興味を引くおもちゃを入れます。 子犬が中に入ってから嫌がったり、鳴いたしてもすぐにサークルから出してはいけません。 (鳴けばすぐにだしてもらえると思ってしまうため) しばらくしたら、子犬をサークルから出して遊んであげましょう。

これを繰り返すと次第にサークルを自分の居場所として認識するようになります。

飼育グッズの準備はこちら → 飼育グッズの準備

 

サークルやケージ内の全面にトイレシーツを敷きます。

その中に家についたばかりの子犬を入れます。

すぐに部屋に放してしまうとどこでも構わず排泄してしまいますので注意が必要です。

オシッコをしたのを見届けたら、すぐに片付けます。

サークル内にベッドを入れる場合はこまめにトイレシーツを交換しないと

排泄する場所がなくなって、ベッドを汚すだけでなくトイレがわからなくなってしまいます。

トイレトレーニングのポイントはこちら → トイレトレーニング

なぜ食糞をするのか・・・? それは自分の糞で遊んでいるうちに、おもしろくなってきて口にしてしまうとか、 栄養素を補うためとかいろいろあります。

決しておなかがすいているからとかそういうわけではありません。

解決方法は市販されている薬を使うなどありますが、 やはり排泄後にすぐ片付けるということだと思います。

子犬は何にでも好奇心旺盛です。 歯の生え変わる時期だとどこでも噛む事があります。

家電のコード、スリッパ、洋服のチャックetc… 子犬に噛まれて思わぬ事故にならないよう、 噛まれて困るものは最初から部屋に置かないようにしましょう。

ほしいワンちゃんがいたときや、子犬の事でのご質問など・・・

ご不明点やお気づきの点がありましたら、お電話、メールでお気軽にお問い合わせください。

お電話 10:00~19:00 メール、お問い合わせフォームからは24時間いつでもokです

TEL:080-5685-1858

MAIL:info@dogfield.net

 

» しつけについてのブログ記事

犬種別子犬検索





















ブリーダー様へ

その他のオプション