普段から、愛犬にはフードを、決まった時間に、きちんと与えているので、

極端に少なすぎることもないのに、飼い主さんがちょっと目を離したすきに、

愛犬が、ドッグフードの袋やストックの容器に顔を突っ込んで食べている!!

なんてこともあり、もしかして犬は、人とは違い、満腹感がないのでは・・・と

おもっている飼い主さんも多いと思います。

人間と比べれば鈍いようですが、犬にも満腹感はちゃんとあるようです。

もともと犬は、狩りをする動物なので、獲物が取れないときのために、

食いだめの習性があります。

だから、おいしいものが目の前にあれば、お腹が満腹であっても欲しがります。

だけど、ほしがるままに必要量以上のフードを追加したり、フードの代わりに、

おやつを与えたりすれば、カロリーオーバーとなり、肥満の原因となります。

本来、犬の満腹感というのは、胃袋が感じるものではなく、

満腹中枢が感知するものなので、脳に伝達がいくまでに少し時間がかかります。

簡単にたとえて言うと、

犬は、「胃のおなか」の他に、もうひとつ「頭のおなか」があり、

「頭のおなか」で、満腹感を感じるようです。

その「頭のおなか」は、「胃のおなか」よりも偉いようで、

犬の胃のお腹がお腹いっぱいでも、「目の前のおいしい食べ物を食べろ」とか、

「腹一杯だから食べなくても大丈夫」と命令をだすことがあるようです。

なので、頭のおなかが一杯になる時、

胃のおなかは腹八分目がとても望ましい状態だと思われます。

これらのことからから、愛犬の食事は、

「頭のおなか」を一杯にすることを考えなければなりませんね。

 

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 愛犬はどこで満腹感を感じている?
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Share on FriendFeed


http://mirziamov.ru Займы онлайн на карту – Взять первый займ бесплатно рублей быстро お客様に代わって当店が子犬をお探しします。




犬種別子犬検索





















ブリーダー様へ

その他のオプション