犬種の特徴は、血統書発行団体の規定に沿った内容です。

毛色等はその種に認められた規定になります。
体高、体重などは基本的なサイズとして規定に近いほどスタンダードに近いと言えますが、
近年の平均的なサイズを表しているものではありません。

家庭で飼われている犬のサイズが規定より大きすぎる場合や、小さすぎる場合、
それが健康に大きく影響を与えるものではありません。

犬のサイズに関係なく、健康管理は飼われる方の日頃から愛情持って接することで、
体調の変化などに素早く気づき、対応していただくことが何よりも重要です。


「ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典」より

歴史

紀元前4000年頃シナイ半島に存在していたといわれている。中東の古代犬種であるサルーキーが入ってきて、土着の犬種と交雑したのが始まりだとされている。砂漠の夜の厳しい寒さに耐えるためにコートが発達し、走る際重くならないように軽く変化した。 文献には18世紀に登場し、ガゼル猟の姿が描かれている。母国では山地でウサギやガゼル、ヒョウを単独で狩っていた他、家畜を外敵から守る番犬としても活躍していた。近年アフガニスタンでは内乱が多いため、アフガニスタン内では数が減りつつある。 アフガン・ハウンドは外見が美しいため、ショードッグとしても活躍するようになった。そのためにショードッグとして改良されたものと、元から猟犬・番犬用として用いられてきたものの2つのタイプが存在する。東洋の神秘的な犬として人気があり、ノアの箱船に乗った犬だと伝えられている。

特徴

体高61センチから73センチ、体重23キロから27キロと大柄な犬種。口吻が長く細面で、腰が高く、全身を絹のような長く美しい被毛が覆う。外見が優美なため、日本でも愛好家が多い。
視界の開けた場所でのシカや猛獣などの大型の獲物の狩猟に特化した犬種で、足裏が広くて肉厚なため、砂漠でもかなり自由に動ける。さまざまな犬種の中でもかなり起源が古く、最も古いタイプの狩猟犬の姿を現在に残す。

広大な砂漠での少数での狩猟を得意とする犬種のため、独立心が非常に旺盛で、意に反した命令をされることを嫌う。そのため、「世界一頭の悪い犬」という不名誉な評価も持つ。 飼育には多くの運動と、しっかりとしたしつけがなければ、初心者には飼育の難しい犬種である。
 

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - アフガンハウンドの特徴
Bookmark this on Google Bookmarks
Post to Google Buzz
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Share on FriendFeed

犬種別子犬検索





















ブリーダー様へ

その他のオプション